東京マンション売却相場.com

マンション 売却 相場
マンション売却相場を最新データで徹底分析!

ここでは東京都の市区町村別に、最新のマンションの売却価格相場をまとめています。
「ウチのマンションを売ったらいくら位になるかな?」といった目安にしていただければ幸いです。

東京のマンション売却価格ランキング

東京の市町村別マンション売却相場

まずは各市区町村の平均売却価格をランキング形式でまとめています。

東京マンション売却価格ランキング(市区町村別)
港区 6938万円
千代田区 5395万円
渋谷区 5384万円
品川区 4847万円
武蔵野市 4803万円
中央区 4745万円
目黒区 4664万円
三鷹市 4150万円
世田谷区 4129万円
文京区 3951万円
新宿区 3860万円
江東区 3799万円
国立市 3698万円
中野区 3571万円
小金井市 3507万円
台東区 3491万円
豊島区 3369万円
荒川区 3314万円
国分寺市 3276万円
狛江市 3270万円
調布市 3249万円
江戸川区 3219万円
北区 3126万円
西東京市 3118万円
墨田区 3072万円
杉並区 3026万円
大田区 2969万円
練馬区 2947万円
府中市 2871万円
足立区 2791万円
小平市 2686万円
立川市 2651万円
板橋区 2630万円
稲城市 2601万円
町田市 2511万円
葛飾区 2482万円
清瀬市 2354万円
昭島市 2179万円
日野市 2131万円
多摩市 2119万円
東村山市 2112万円
東大和市 2014万円
八王子市 1819万円
東久留米市 1734万円
羽村市 1471万円
福生市 1336万円
武蔵村山市 1021万円
青梅市 801万円

上記の表は、各市区町村の中古マンション1戸あたりの平均売却価格。
やはり都心五区と呼ばれる、港区・千代田区・渋谷区などは高く売れるエリアですね。

ただトップ10を見ると、武蔵野市や三鷹市といった多摩エリアの市も入っていますね。
ここ最近ではアクセスが良く環境面で優れている多摩エリアも、都心に負けない人気になっていることが見えてきます。

坪単価ランキング

次にマンションの売却価格を坪単価に直したものをランキングしてみました。

坪単価ランキング(市区町村別)
港区 472.9万円/坪
千代田区 468.1万円/坪
渋谷区 410.1万円/坪
品川区 353.7万円/坪
中央区 350.9万円/坪
新宿区 347.7万円/坪
目黒区 338.9万円/坪
文京区 329万円/坪
豊島区 317.3万円/坪
中野区 297.4万円/坪
台東区 292.9万円/坪
杉並区 279.4万円/坪
世田谷区 269.2万円/坪
武蔵野市 268.7万円/坪
墨田区 267.2万円/坪
大田区 259万円/坪
江東区 248.7万円/坪
北区 231.7万円/坪
三鷹市 216万円/坪
荒川区 214万円/坪
練馬区 212.2万円/坪
板橋区 210.5万円/坪
小金井市 199.5万円/坪
国立市 188.9万円/坪
狛江市 182.9万円/坪
国分寺市 177.2万円/坪
調布市 175.5万円/坪
江戸川区 173万円/坪
足立区 167.1万円/坪
葛飾区 163.4万円/坪
府中市 162万円/坪
立川市 155.9万円/坪
西東京市 154.1万円/坪
小平市 141.2万円/坪
清瀬市 129.1万円/坪
町田市 123.5万円/坪
日野市 119.4万円/坪
稲城市 117万円/坪
東村山市 114.8万円/坪
昭島市 106.7万円/坪
多摩市 104.6万円/坪
東大和市 101.8万円/坪
八王子市 101.4万円/坪
東久留米市 92.9万円/坪
福生市 83.8万円/坪
羽村市 81.9万円/坪
武蔵村山市 60.5万円/坪
青梅市 53.6万円/坪

ここでは売却価格を専有面積で除した坪単価をランキングにしています。

坪単価でみると、港区などの都心五区のほか目黒区や豊島区などが上位に来ていますね。
都心部では1DKなどの単身者向けの住戸も多く取引されるため、坪単価にすると高い物件が多くなるようです。
逆に多摩エリアでは広いファミリー物件が中心なので、坪単価は抑えられる傾向にあります。

東京で売れたマンション築年数ランキング

「うちのマンション、築30年だけど売れるの?」という疑問も少なくありません。
ここでは売却されたマンションの築年数(平均)を見ていきましょう。

売却マンション平均築年数ランキング(市区町村別)
東久留米市 34.8年(1年~52年)
羽村市 31.6年(12年~48年)
狛江市 30.6年(2年~53年)
多摩市 29.7年(6年~50年)
青梅市 29.0年(12年~46年)
福生市 27.8年(19年~46年)
東大和市 27.6年(8年~50年)
稲城市 27.1年(4年~52年)
清瀬市 26.9年(5年~48年)
調布市 26.5年(1年~55年)
立川市 26.3年(3年~55年)
八王子市 26.0年(2年~51年)
国分寺市 25.9年(3年~56年)
日野市 25.3年(2年~51年)
東村山市 25.2年(4年~47年)
武蔵村山市 24.8年(13年~34年)
昭島市 24.3年(6年~47年)
目黒区 24.2年(1年~58年)
町田市 24.1年(2年~60年)
武蔵野市 23.9年(2年~52年)
渋谷区 23.4年(1年~56年)
葛飾区 23.0年(1年~48年)
府中市 22.9年(3年~55年)
江戸川区 22.7年(2年~48年)
足立区 22.6年(1年~48年)
世田谷区 22.3年(1年~55年)
杉並区 22.2年(1年~51年)
小金井市 21.8年(3年~50年)
中野区 21.6年(1年~55年)
板橋区 21.4年(1年~54年)
新宿区 21.2年(1年~52年)
文京区 21.0年(1年~53年)
大田区 20.8年(1年~54年)
港区 20.7年(2年~62年)
西東京市 20.7年(2年~48年)
国立市 20.4年(3年~56年)
品川区 20.2年(1年~60年)
練馬区 19.9年(1年~50年)
荒川区 19.7年(1年~49年)
千代田区 19.5年(2年~52年)
三鷹市 19.4年(2年~49年)
北区 19.3年(1年~53年)
小平市 18.5年(2年~39年)
豊島区 18.3年(1年~53年)
中央区 17.2年(1年~50年)
江東区 17.0年(1年~52年)
台東区 16.2年(1年~71年)
墨田区 16.2年(1年~51年)

築年数ランキングでみると、東久留米市や羽村市など多摩エリア西側が多いですね。
この理由としては、都心に比べて新しいマンションが少ないことと、全体の取引件数が少ないのでデータとして突出してしまうことが考えられます。

ただ築50年超のマンションでも売却できるというのは、心強いデータですよね。

タイトルとURLをコピーしました